カリフォルニアワインのYANAGIYA | ストア商品一覧【ジントラ商品比較】

≪正規品≫ □[1本あたり2,100円(税別)]

【送料無料】【選べる】【箱買い】カストロジンファンデル/カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー/シャルドネ[1ケース(12本)/現行年](正規品)Castoro Cellars

≪正規品≫ □[1本あたり2,100円(税別)]
■1ケース(12本)でのお届け価格です。 ■インポーター希望小売価格@2,600円(税別) 【USW】【USR】【CAB】【ZIN】【MEL】【CHA】 【インポーター商品情報】 カリフォルニアのサン・ルイ・オビスポ最大のワイン産地パソ・ロブレスの老舗ワイナリー。1983年の設立以来、家族経営を続けています。ワイナリー名の「カストロ」はイタリア語で「ビーバー」を意味し、働きものの象徴でもあり、ワイナリーのロゴにもなっています。カリフォルニア有機栽培農家と、環境保全型農法を行うワイナリーとして認定も受けています。

rakuten

商品購入ページへ

送料無料 クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

27,216 円

≪特大1.5リッター瓶≫●

ドメーヌミシェルゴヌーリュジアンポマール[1988]《◎1500mlマグナム・ボトル》

≪特大1.5リッター瓶≫●
◎ こちらのワインはご注文を頂戴してからの受注発注品となります。そのため、輸入元欠品にてお届けできない場合も御座います。こちらでのご注文がお渡しを確約するものでは無いこと、ご了承下さいませ。欠品の際は、メールにてご連絡申し上げます(画像はサンプルとなります)。【OTR】【OPIN】▲百種以上からお選び頂けます。マグナムTOPページはこちら。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

53,784 円

≪正規品≫ ■[1本あたり1,800円(税別)]

【送料無料】【箱買い】ライダー・エステートカベルネ・ソーヴィニヨンモントレーカウンティ[1ケース(12本)/現行年](正規品)Ryder Estate

≪正規品≫ ■[1本あたり1,800円(税別)]
■1ケース(12本)でのお届け価格です。 ■インポーター希望小売価格@2,300円(税別) 【USR】【CAB】 【インポーター商品情報】 カベルネ・ソーヴィニヨン主体に僅かにメルロー、プティヴェルド、シラーをブレンド。モントレー・カウンティ南部の温暖な地区にある自社畑産果実を使用。フレンチオークとアメリカンオーク樽で12ヶ月熟成。ブラックカラント、ダークチェリーの果実味をチョコとバニラの風味が覆い、力強くフルボディ。豊潤なブラックベリーとブルーベリーの果実味をソフトなタンニンが包み込み、スムーズな喉越しに導かれる。モントレー南部の温暖な地区にある自社畑から造られる。

rakuten

商品購入ページへ

送料無料 クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

23,328 円

≪正規品≫ □[1本あたり4,980円(税別)]

【送料無料】【箱買い】アイアン・ホースシャルドネエステートルシアンリバーヴァレー[1ケース(12本)/現行年](正規品)Iron Horse

≪正規品≫ □[1本あたり4,980円(税別)]
■1ケース(12本)でのお届け価格です。 ■インポーター希望小売価格@5,500円(税別) 【USW】【CHA】 【インポーター商品情報】 3つの異なるクローン(オールド・ウェンテ、ハイド・オールドウェンテ、リュード)のブレンド。Green Valleyの7つの異なるブロックから葡萄を厳選。オークが美しく溶け合い余韻の長さが印象的。香りは焼きバナナ、洋ナシ、軽い柑橘とアーモンド、口当たりは青リンゴ、洋ナシ、最後にママレードのような味わい。

rakuten

商品購入ページへ

送料無料 クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

64,541 円

●

グロスカベルネ・ソーヴィニヨンリザーヴナパ・ヴァレー[1996](正規品)


■表示数限り(最終在庫)です。【USR】【CAB】◎今なお語り継がれる全米史上初、「幻の100点」の舞台。※こちらのワインはご注文後に仕入れを行う「受注発注品」です。当ページにてご注文頂けました場合でも、輸入元在庫が完売の際はお届けすることができません(欠品の際はメールにてご連絡させて頂きます)。ご了承の程宜しくお願いいたします。'85年ヴィンテージの 『リザーヴ』 でパーカー 暫定 パーフェクト(96-100点)に到達したグロス。後に98点に確定となりますが、もしもこれが満点になっていれば、マヤの遥か数年前に米国初のパーフェクトが誕生していたことになり、今でも「幻の100点」と呼ばれています。これを叶えた醸造家こそが、現在RP99点にまで到達する 『プランプジャック』 や、ト・カロン担い手の一角として、遂に2012年に【RP100点】へと満点修正された 『カーター』 を世に送り出した奇才、ニルス・ヴェンジ。ファミリーのプライヴェート・レーベルである 『ヴェンジ・ファミリー』 も(2008年より息子のカークへ交代)【WE99点】に到達。彼の作品に、外れなし。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

26,784 円

≪正規品≫ ■[1本あたり2,100円(税別)]

【送料無料】【箱買い】パウア・ベイピノ・ノワールマールボロ[1ケース(12本)/現行年](正規品)Paua Bay

≪正規品≫ ■[1本あたり2,100円(税別)]
■1ケース(12本)でのお届け価格です。 ■インポーター希望小売価格@2,300円(税別) 【NZR】【NPIN】 【インポーター商品情報】 ニュージーランドの代表的な銘醸地、マルボロ産ピノノアール種を使用。力強い複雑さが特徴。

rakuten

商品購入ページへ

送料無料 クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

27,216 円

≪2014年度SFC誌年間TOP100入り「そのもの」≫ ●[W&S94点/RP93点]

マウント・エデンピノ・ノワールエステートサンタクルーズマウンテン[2012](正規品)Mount Eden Estate

≪2014年度SFC誌年間TOP100入り「そのもの」≫ ●[W&S94点/RP93点]
【最高傑作】更新か■サンタ・クルーズ・マウンテン不動四天王の手掛ける三大ピノ・ノワールの一角にTOP100入り最新年号到着【Mount Eden Pinot Noir Estate S.C.M. 2012】 ■時代が進むにつれ、その地位は高まるばかり…■ ▲'07年にはRP95点、'10年でRP96点、困難な年とされた'11年でもガローニから94点を付与されるなど、毎年話題には事欠かぬエデンのピノ。今作'12年も既にワイン&スピリッツ誌から【W&S94点】の同銘柄歴代No.1スコアが付与されており、またサン・フランシスコ・クロニクル誌では2014年度の【TOP100】にも選出(同誌のTOP100は順位付け無し)。二大誌評はこれからですが、早くも過去最高傑作との呼び声高きヴィンテージです。 ◎サンタ・クルーズ・マウンテン三大ピノ。 『リッジ』、『ヴァーナー』、『リーズ』 と並ぶS.C.M.四天王の一つ、『マウント・エデン』。うち、リッジはピノを造っていないため、それを除く三社がこの地の 三大ピノ と申し上げて差し支え無いでしょう。 ※余談ですがリッジがピノを造らないのは、ポール・ドレイパー自身が単純にこの品種をあまり好きではないため。栽培責任者のデヴィット・ゲイツも同様にピノに興味を持っていません。しかし例えばリッジの自社畑の中心的存在であるモンテベロは、地質学的にはピノ・ノワールにこれ以上無いほど理想的な石灰質土壌を備えており、実際、アシスタント・ワインメーカーのデヴィッド・テートはここにピノを植えたくてしょうがないそうです。が、上記二人の重役が乗り気でないため、言い出せないのだとか(^^; ちょっと話がそれましたが、この地がピノに最適であることを証明する造り手の一つがマウント・エデン。当エリアにおける高品質ピノ栽培の第一人者がマーティン・レイであり、1800年代にポール・マッソンがルイ・ラトゥールからカットして持ち込み栽培したものから株分けした樹を1945年に植え、これがマウント・エデンのピノの源泉となっています。 パーカーの高評価の対象となるワインには 濃厚・パワフル・ドラマチック な作品が多いという傾向はよく指摘されることですが、当然ながら高得点品が全てこのスタイルというわけでもありません。氏と対極的な結論を下すことも少なくないタンザーに、連想対象として「ヴォルネイからのハイ・クラス」を挙げさせた、深遠優美なるこのピノも代表格でしょう。 WA95点を付けた'07年はロバート・パーカー自身が、WA96点の'10年はガローニがそれぞれレビュワーを担当していますが、彼らのコメントを見てもそれが伝わります。 ◎Wine Advocate #187(2010.2)より【RP95点】 「A completely different animal, the 2007 Pinot Noir Estate reveals a darker ruby color as well as more forest floor/floral character intermixed with sweet black cherry, wild strawberry, and spicy notes. There is no evidence of any oak in this full-bodied Pinot. With silky smooth tannins, impressive richness, and admirable elegance, minerality, and purity, it will be even better in 4-5 years, and should last for 12-15+ years. 」(Robert Parker) ◎Wine Advocate #202(2012.8)より【RP96点】 「The 2010 Pinot Noir Estate is an exceptionally elegant wine. Dried cherries, plums, exotic spices, mint and crushed flowers waft from the glass, with plenty of lift from the use of 50% whole clusters. There is a lot of personality here, but readers will need to be very patient while the stems integrate. The 2010 is striking from start to finish. I can’t wait to see how this stunning Pinot ages. Anticipated maturity: 2020-2030.」(A. Galloni) 風味に富み、頷きを伴う深い満足度、ベリー系は若干のコンフィ。しかしそこにオークの形跡は見られず、過度な熟しの色も当然なし。美しく上質な酸とミネラルの骨格に付くのは肉でななく優雅な羽衣。将来のベルベットを確約する長期熟成を前提とした堅いタンニン、複雑性に満ち満ちたエレガントな上級ヴォルネイ…。 ガローニが「ただし読者は茎が溶け込んでくるまで耐え忍ぶ必要がある」(およそ半分が全房プレス)と述べるように、もし入手されましたらセラー直行です。ですが、ガローニは次のようにも述べています…「自分は待てないけど。」と(^^;この誘惑は耐え難いですよね。 ▼ルーツはルイ・ラトゥール。 上記にも書きましたが、マーティン・レイが1945年に植樹したマウント・エデンの礎となるピノは、師ポール・マッソンにより、懇意にしていたブルゴーニュはルイ・ラトゥールの最も素晴らしい区画から1880年代に持ち込まれたもの。今日でもマウント・エデンのピノ区画はたった7エーカーのみであり、例年の1エーカーあたり1.5〜1.8トンという超低収量と相まって、生産量は同エステート・シャルドネから桁数が1つ減ります。 今作'12年はかつて無いほどの豊作で収量が1エーカーあたり2.8トンにまで増えましたが、それですら1000ケース台前半。収穫からパンチ・ダウンまで全て大切に手作業で行われ、新樽比率75%のフレンチ・オークにて18ヶ月前後の樽熟成。無ろ過・無清澄は130年の歴史を漉さないため…ではないのでしょうが、そんなロマンスも残したい歴史が詰まっているのは確かです。段階的な熟成の変化もぜひ見て頂きたいもの。一発勝負はあまりに酷ですので、できれば複数ストックをおすすめ致します。 ◎北米ピノを代表する、アメリカン・クラシック。 【USR】【PIN】 ■264本完売!12本追加いたしました。 ■サンフランシスコ・クロニクル2014年度【年間TOP100】 ■ワイン&スピリッツ誌94ポイント(同銘柄歴代No.1) ■パーカー監修アドヴォケイト誌93ポイント

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

10,260 円

≪2014年度WE誌年間TOP100入り「そのもの」≫ ●[WE94点/RP91点]

ポール・ホッブス(ホブス)ピノ・ノワールルシアンリバーヴァレー[2013](正規品)Paul Hobbs

≪2014年度WE誌年間TOP100入り「そのもの」≫ ●[WE94点/RP91点]
■前作2008年ヴィンテージでは見事年間TOP100選出他所のキュヴェすら霞ませる、恐るべきA.V.A.ライン。【Paul Hobbs Pinot Noir Russian River Valley 2012】 ≪ A.V.A.ライン…というよりも、マルチヴィンヤード・キュヴェか≫ ◎ポール・ホブスのスタンダード・ピノは、2008年ヴィンテージにてスペクテイター誌年間TOP100の【第6位】に選出される大躍進を遂げました。ポール・ホッブスにはキュヴェや単一畑など、多数の上位ピノが存在するにもかかわらず、今作AVAラインがワイナリーのNo.1、ひいては全米ピノの頂点に選出されてしまったのです。 実はこのAVAライン、表示こそRRVピノなのですが、その実態はと申しますと、エリア内最上の畑(グロウワー)からの果実による絢爛ブレンド。この面子ならばクオリティーにも納得というもの。ワインとしては高額かもしれませんが、内容からすればむしろ安いのでは…と思わされる内容なのです。 ▼リンゼイ・ヴィンヤード(Lindsay Vineyard) 単一畑も仕込まれるリンゼイは、ポール・ホブス念願のエステート・ヴィンヤード。わずか14エーカーながらも、ルシアンリバーの一等地ラグナ・リッジに購入し、2000年に植樹。曽祖母の名を取ってリンゼイと名づけた、ご自慢の自社畑です。 ▼ウリセス・ヴァルデズVyd.(Ulises Valdez) メキシコ生まれながら、マーク・オベールやポール・ホブス、ケント・ローゼンブルムの元で経験を積んで大成を果たし、アメリカンドリームを手にしたと評される栽培家、ウリセス・ヴァルデズ氏の畑。【RP97点】を獲得したオベールのUVヴィンヤードとは、Ulises Valdezの略…つまりこの畑のこと。今やパルメイヤー、アリスタ、オベールと数多のスターをクライアントに抱える売れっ子であり、尊敬する栽培家はケン・リッチー氏(Ritchie Vineyard)だとか。 ▼ギャップス・クラウン ご存知 『コスタ・ブラウン』 御用達の畑。オーナーはプレミア・パシフィック・ヴィンヤーズ(Premier Pacific Vineyards)という、タレント揃いの栽培家集団。全米各地にハイ・エンドな畑ばかりを30箇所近くも所有しており、ギャップス・クラウンもそのうちの1つ。現在80以上のワイナリーに果実供給を行っています。 ▼ウォーカー・ステーション(Walker Station) ポール・ホッブスとの交わりは1997年から。リンゼイやオグスティーナといったワイナリ最高級キュヴェもタジタジの【RP+WSダブル96点】なる最上評価を受ける単一畑はここから産まれます。1968年より葡萄栽培を続けるベテラングロウワーです。 さらに加えてBellflower、Fraenkleといった合計6つの畑からのマルチ・ヴィンヤード。最も収量の多いところでも1エーカーあたり3.2トン。最小をとると1.5トンにまで低くなります。果実は存分に熟し、糖度と酸のバランスも申し分なく、結果としてワインにエレガントでリッチで深みあるキャラクターを与えています。手摘み収穫した果実を上部開放型のステンレス槽に入れ、発酵は土着酵母を用いて。新樽比率47%のフレンチ小樽にて11ヶ月の樽熟成。自発的マロラクティック発酵。アンフィルター、アンファインドにてボトル詰め。 今作は未試飲ですが、'07はプラムやバラの花びらのノーズ、赤〜紫系のベリー系フルーツのアロマにアーシーでシルキーな口当たり。年を追うごとに完成度を高め、よりエレガントなスタイルになっているように感じます。しっかりした酸が果実味をまとめ、ピノにおいても秀でた造りがあることを証明する1本。 ●実は数少ない「パーカー100点生産者が造る」ピノ。 【USR】【PIN】 ■120本完売!12本追加いたしました。 ■ワインエンシュージアスト誌94ポイント[ 2014年間TOP100/#86 ] ■パーカーポイント91点 ■ワインスペクテイター誌90ポイント その他のTOP100関連ワインはコチラから。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

8,510 円

≪2011年度スペクテイター年間TOP100世界第一位(ソノマ'09)≫ ●[最大RP93点]

コスタブラウンピノ・ノワールソノマ・コースト/ルシアン・リバー・ヴァレー/サンタ・ルシア・ハイランズ[2013](蔵出し品)Kosta Browne Sonoma Coast/Russian River Valley/Santa Lucia Highlands

≪2011年度スペクテイター年間TOP100世界第一位(ソノマ'09)≫ ●[最大RP93点]
【到来】第三のAVA版■品質に安定感も加わり、ソノマ・ピノの不動の王座へ…【Kosta Browne Pinot Noir Sonoma & RRV& SLH】 **最新2013年到着** ◎噂の傑出年、'13年到着。 今年もこの季節…年に一度のコスタ・ブラウン新年号がやって参りました。そして今年は待望のアイテムが再び…。 【SLH二度目の到来!】コスタ・ブラウン第三のAVA版、それがサンタ・ルシア・ハイランズ。'11年に蔵出し日本初上陸を迎えるも、前作'12年は輸入ナシ。一度限りの配布だったのか…と落胆しかけましたが、この最新'13年で再びの日本割り当てを許されました! というわけで、こちらにご案内させて頂くのは三種のA.V.A.ラインとなります。ただし此処の場合、「スタンダード版といえども並の品では無い」ことは、皆様もよくご存知の通り。例えばWS95点を奪取し、2011年度の年間TOP100【第一位】、つまり 世界No.1ワイン に選ばれた作品も、コスタ・ブラウンのAVA版でした(ソノマ'09年)。 ▼2011年版WS誌年間TOP100世界第一位! コスタ・ブラウンには複数のシングル・ヴィンヤードが存在しますが、それらを押しのけてA.V.A.版が世界No.1ワインに選ばれるという異例の快挙を成し得、当時大変な話題となりました。ここのところのコスタ・ブラウンA.V.A.ラインは、品質のみならず安定感も抜群。ソノマ・ピノ不動の王者として貫禄すら漂います。 この度ご案内の最新'13年も、既に三大誌より大台連発を確定しております。然るべき熟成を与えたい単一畑に比べ、比較的早くは飲めますが、ただしこちらもじっくり待つだけの価値も勿論あるボトル。ピノ・リポート誌で「まだ幾分若いが、素晴らしいブレンド、美味なるピノ。」と賞賛され、最大で【PR97点】に達したコスタ・ブラウンもやはりシングルではなくこのA.V.A.版でした。 それにしても2005〜2012年とWS誌年間TOP100への8年で7度もの入賞、うち5度までもが10位台以内…と、一時期の「入手困難な最先端ウルトラ・レア」というポジションを脱し、もはや他を寄せ付けぬ王者の貫禄さえ漂い始めたコスタブラウン。価格のピーク時にはA.V.A.ラインですら1万円台後半していましたが、(今だスポット扱いなものの)国内窓口がW社に収まってからはそれも落ち着き、品質は高い位置で、価格は1万5000円で安定しています。 ▼ソノマ・コースト '13年のソノマ・コーストは8つのヴィンヤードからのピノによるブレンドです。'07年〜'13年まで連続採用されている 『ギャップズ・クラウン』&『テラ・デ・プロミッシオ』 はペタルマ・ギャップの恩恵を受けるソノマ・コースト南部の畑。ロースラーやパックスでもお馴染みの畑、『グリフィンズ・レイヤー』。'08年より新たに加わった 『ワララ・ヴィンヤード』 はアナポリスの南東にあり、太平洋から数マイル内陸。ワララとは原住民の言葉で「水の流れる場所」という意味で、近くのGualala Riverを指しているそうです。ここまでは'12年と同一。更に今年はカンツラー産果実を使用!加えてスプリング・ヒル、ソーン・リッジ、フェンドラーの三つの畑が加わる計8箇所。新樽比率の48%、熟成期間の16ヶ月は、シングルと何ら変わらぬスペック。スパイシーなフルボディーながらもどこかデリケートな味わいが特徴です。 ▼ルシアン・リヴァー・ヴァレー '08年は9つ、'09、'10、'11年は11、'12年は13もの畑からのブレンドであったR.R.V.版。そして最新'13年は、なんと過去最多の15の畑から!詳細は 『カスタルディ』 『ビッグ・ピッグ』 『エル・ディアブロ』 『ガンツ』 『ギウスティ』 『グラハム』 『ジェンキンス』 『キーファー』 『コプレン』 『ランセル・クリーク』 『ラッキーウェル』 『ムーンシャイン』 『ステファンズ』 『ソーン・リッジ』 『ウリセス・ヴァルデズ』。前作から、カンツラーが消えた代わりにオベールでも御馴染みUVが参画。これで統一感を失っていないあたりは、流石のブレンディング・テクニックです。新樽比率はやや下がり41%。フレンチ・オークにて16ヶ月の樽熟成。スパイシーさとリッチさをまとう赤系果実のコアには野性的要素がありながら、口当たりはソフト。果実味は多層かつ熟してリッチ。15色の果実が実にユニークなキャラクターを表現しています。 ▼サンタ・ルシア・ハイランズ そして大注目のサンタ・ルシア・ハイランズ版。'10年にファースト・ヴィンテージを迎えた今作は、ピゾーニ系五大グラン・クリュとして知られる、『ピゾーニ』 『ゲイリーズ』 『ロゼラズ』 『シエラ・マー』 『ソベラネス』 の黄金ブレンド!この組み合わせは各プロデューサーより屈指のアイテムを複数排出してきましたが、コスタ・ブラウンにおいてもやはり秀逸。三大誌(WA/WS/PR)の平均評価は三つのAVA版の中でもトップ。新樽比率も40%と最も低く、最小限の介入で事足りるモノのよさを感じさせます。三種の中でも最もしっかりした構成。ソフトなタンニン、まろやかな口当たり、黒系果実にほのかなシナモンなどのスパイス。色の濃いフルーツのたっぷりした旨味が満載です。 傑作年続きのコスタ・ブラウンA.V.A.版は、'04年〜'13年と直近10年連続でのメディア・スコア大台突破中。近年では本来より高品質とされるシングル・ヴィンヤードに匹敵するどころか、銘柄と年号によっては超越すら叶える場面も一度や二度ではなく、その高いクオリティーに磨きが掛かってきました。例えば、SLH版にしても、アドヴォケイト誌ではゲイリーズ(RP91点)より上ですし、スペクテイター誌でもロゼラズ(WS93点)と同点ですから。 数年前は予算的にどなたにもオススメできるワインではありませんでしたが、日本輸入元の尽力により今やここまで降りてきました。 ●この価格ならば、是非とも触れて頂きたい大物の一手。 【USR】【PIN】 ■180本完売!12本追加いたしました。 ■ソノマ・コースト【PR93点/WS93点/PR92点】 ■RRV【RP93点/WS92点】 ■SLH【PR93点/WS93点/PR92点】

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

14,904 円

≪限定格上げ最高級キュヴェ≫ ●[RP93点]

マイケル・デイヴィッドジンファンデルラストロダイ[2012](正規品)Michael David Lust

≪限定格上げ最高級キュヴェ≫ ●[RP93点]
■パーカーポイント93点 【USR】【ZIN】 ◎選抜メンバーから選抜されたマイケル・デイヴィッドのエース。 彼らのジンファンデルは、スタンダード版の 『セブン・デッドリー・ジンズ』 ですら毎年のように【RP90点】を、ミドル級の 『アース・クエイク』 になると品評会三冠や【WE93点】といった実績を誇ります。 そんなマイケル・デイヴィッドが自らのラインナップ内でも最長熟成&最高クラスのジンファンデルに位置づける作品がこの 『ラスト』。2016年3月現在、ワイナリーで販売される赤ワインは、今作を除けば全て'13年か'14年。いまだ現行年号が'12年とはラストが唯一です。 【4/2追記】4月1日に更新された、eロバートパーカー.comのインタリム・イシューにてマイケル・デイヴィッドの水平試飲が行われ、当ラストが二年連続の【RP93点】(マイケル・デヴィッド史上初)が確定致しました! '05年に90点を獲得し、「The outstanding Zinfandel」と絶賛されて以来の掲載です。お見事♪また、Wine Searcherによれば、2011年にはサン・フランシスコ・クロニクル・ワインコンペと、カリフォルニア・ステート・フェアという加州の二大品評会で揃って【Gold Medal】を獲得し、「ロダイで最も高級なジンファンデルのTOP10の一つ」とされていました。 ▼ ラスト(Lust) マイケル・デイヴィッドでは様々な畑の様々なブロックから優良認定を受けた選抜されたフルーツを用いて年間で合計 100ロット以上 のジンファンデルを仕込みます。そして毎年、その中から「最も優れたロット」と判断されたもののみを限定的に格上げして造られる、いわばリミテッド・バレルセレクトがこのラストなのです。 例えば'12年については、選ばれたのは100を越える中から僅か3つのロットだけだったとのこと。その三つのロットをブレンドし、7割をアメリカン・オークで18ヶ月熟成、3割をフレンチ・オークにて10ヶ月熟成。そして少量のプティ・シラーを加えることで、最終的な味を整えると同時に長熟に耐えうるタンニンを付与し、ラストが完成します。 生産のみならず、日本への輸入量も限定されているため、試飲には至っておりません。下記にワイナリからのテイスティング・ノートを残します。 ◎ワイナリーより【 テイスティング・ノート 】 「Lust is a deliciously smooth, showy, and seductive Zinfandel that lives up to its name. Velvety and full of jam, this wine shows lots of dark fruit with some savory qualities.」 ◎Wine Advocate (2016.3)より【RP93点】 「The 2012 Zinfandel Lust, another cuvée from Lodi, offers up great fruit, a full-bodied mouthfeel, rich, deep raspberry and black cherry fruit, pepper and barbecue spice. It should drink well for 5-7 years.」 Lustとは切望や渇望、強い色欲や情欲などを表す言葉ですが、その名称や言葉通り、「魅惑的ジンである」とマイケル・デイビッド自らは述べます。特に'12年は、ロダイにとって傑出したヴィンテージになったそうで、マイケル・デイヴィッドではジンに限らず全ての品種において成功した年になったと語ります。中でもジンファンデルにおいては「信頼性ある年になった」とも述べており、今飲んで美味しく、更に数年の熟成能力についても「余裕でしょ」と自信タップリ。期待に満ちた出来となっております。 ●MDW流「ジンの真髄」を追求したTOPキュヴェです。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

8,618 円

≪正規品≫ ■[1本あたり7,300円(税別)]

【送料無料】【箱買い】ドメーヌ・セリーヌピノ・ノワールエヴンスタッド・リザーヴウィラメットヴァレー(エヴェンスタッド/エヴァンスタッド)[1ケース(12本)/現行年](正規品)Domaine Serene Evenstad Reserve

≪正規品≫ ■[1本あたり7,300円(税別)]
■1ケース(12本)でのお届け価格です。 ■インポーター希望小売価格@8,400円(税別) 【USR】【PIN】【ORG】 【商品詳細】 こちらの単品販売のページをご覧下さい。

rakuten

商品購入ページへ

送料無料 クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

94,608 円

≪泡どれでも6本で送料無料!≫(組み合わせ自由) ★[26%OFF]

ソーターブリュット・ロゼミネラル・スプリングスヤムヒル・カールトン(オレゴン)[2010](正規品)Soter Brut Rose Mineral Springs

≪泡どれでも6本で送料無料!≫(組み合わせ自由) ★[26%OFF]
■これだけ…?「国内総数10箱」。日本国内マーケットで最もレアな米国産ロゼ・ブリュットは間違いなくこれ。【Soter Brut Rose MSR Yamhill Carlton 2010】 *「元祖」天才醸造家、トニー・ソーター作* ◎国内全量でたったこれだけ…少なすぎます。 希少性、そして品質、どちらにおいても米国産ロゼ・ブリュットの頂点にある 『ソーター』。ずいぶんと長い間、日本輸入ゼロ期間が続いておりましたが、待望の入荷となりました!弊社入荷も'05年以来五年ぶり。本当にレアですよね…。 ▼J・ミラー(元オレゴン・テイスター) 『ドンペリのロゼやロデレール・クリスタルといったシャンパンを1本買うくらいなら、ソーター・ロゼのケース買いを選ぶ。』 ▼ピエール・ロヴァーニ(元オレゴン・テイスター) 『完璧なキールロワイヤルを彷彿とするワンダフルな香りのエレガントさ。これは贅沢に、そして素晴らしく仕立てられたロゼ。』 ▼ロバート・パーカー(監修人) 『私がこれまで試飲した国内(US産)スパークリングのベスト作の1つ。』 アドヴォケイト誌の歴代オレゴン・テイスターを尽く魅了し、同誌の米国産ロゼ・ブリュットの(歴代No.1をはじめ)上位を席巻するマジカル・ロゼ、それがソーター・ブリュット。1000ケースに届かぬその年産は毎年たったの三桁箱数オンリー。かつ良年のみの限定生産という、確かに希少なこのリミテッド・ボトル。日本正規エージェントV社も、その少なさに驚いたとか。 今作'10年の年産も≪975ケース≫。今年の日本輸入も国内総数で僅かに10ケースのみ。楽天内でもほとんど発見不可能で、楽天最安値でも一万円を越える という流通塩梅となっておりますが…今回は表示数に限り、ご覧の激安スペシャル・プライス!本来ならば見つけることすら困難なこのレア・バブルを圧倒的最安値の特価価格にてお届け致します。 因みにかつて私イナムラ、「年に数本ある、売らないで全部独り占めして飲んでしまいたい衝動に駆られる、数少ないスパークリングの1つ」と申し上げましたが、数量が国内総数で10箱と判明した今、その気持ちはより強くなっております。 ▼ソーター・ヴィンヤーズ(Soter Vineyards) 『スポッツウッド』、 『ダラ・ヴァレ』、『アロウホ』、『ルビコン』 ら、90年代に黄金カルト・ナパの数々を手掛けた天才醸造家、トニー・ソーターのプライベート・ブランドが 『ソーター・ヴィンヤーズ』 です。全米No.1コンサルタントの名を欲しいままにしていた彼ですが、1997年にはコンサルタント業を全て退いてまで自らのブランド 『エチュード』 に専念していたものの、それも2001年にベリンジャー・ブラス社への売却。これを機に長年活躍を続けたナパに別れを告げ、オレゴンに渡り周囲を驚かせました。 彼を虜にしたのがオレゴンの銘醸地ヤムヒル・カウンティの一等区画に聳える畑 『ビーコン・ヒル』 でした。ここからの果実を用いて新たなプロジェクトとして始動したソーターは、ピノを筆頭にスパークリングやフランなど、ナパ時代の彼が操っていたラインとは異なるジャンルにて次々とリリースされ、そしてそれらの品質が明らかになると、彼のカベルネのみには留まらぬ真の偉大なる実力はさらに浮き彫りになりました。ところが2005年、彼の代名詞にまでなっていたビーコン・ヒルをも売却してしまいます。まったくもって留まる事を知らぬエネルギーの放出には、常人には理解しきれません…(^−^;)。今後のアクションにも目が離せませんが、ともかくビーコン・ヒルの所有権は、氏の手から離れました。 彼が 『ソーター』 で手がけていたワインは、以前はほんの少しの銘柄でしたが、自社畑の完成にともないその数も随分と増えました。しかしながら、現在でもソーターの代名詞的存在といえば 『ロゼ・ブリュット』 だと言えるでしょう。先に申し上げました各氏の寸評や評価点云々の以前に…事実、旨すぎます。傑出年のみの選別生産とあって安定度にも長け、手にして損のない紛う事無い精華。 ソーターが新に取得した畑、『ミネラル・スプリングス・ランチ』(下画像)は、オレゴンはウィラメット・ヴァレーのヤムヒル・カールトンAVA、400フィートの高地に広がる240エーカーもの広大な地所。ただ、植樹はまだピノが30エーカー、シャルドネが2エーカーほど。500頭の羊が飼育され、サステナブル・ファーミングが導入されています。 セパージュはピノ・ノワール85%にシャルドネ15%。新樽・古樽・特注ステンレスタンクの3種を併用して5ヶ月の樽熟成。ボトリング後の瓶熟成は36ヶ月。計41ヶ月という時間を贅沢に消費した後、ようやくお披露目となります。現地でもまだ'11年が現行で、リリース・スケジュールは大手シャンパン・メゾンと重なります。 深いサーモン・ピンクの色合いから立ち上るはオーロラのブーケ。リッチなコクある旨みと、対照的な均整とれた美しく輝く余韻は、まさに一級シャンパンを相手にしても何処が劣るのかわからなくなります。そう思うからこそJミラー(アドヴォケイト・レヴュワー)もこう言うのでしょう。「ドンペリ・ロゼやロデレール・クリスタルといったシャンパンを1本買うなら、ソーターのケース買いを選ぶ」と。ロゼ・スパークリングはお祭り気分で…品質に拘るものじゃないから…と仰る方にも是非飲んで頂きたい、これが全米No.1のロゼ泡の実力です。 ●シークレット入荷&特価♪1本あたり3020円オフ! 【USS】【ORG】【USD】 ■表示数限り(最終在庫)です。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

9,698 円

≪1OO点醸造家トーマス・ブラウン最安ナパ・カベ!≫ ●[WE91点/W&S91点]

ウォリス・ファミリーカベルネ・ソーヴィニヨンリトル・シスターダイヤモンドマウンテン(ナパ・ヴァレー)[2010](正規品)Wallis Family Estate Little Sister

≪1OO点醸造家トーマス・ブラウン最安ナパ・カベ!≫ ●[WE91点/W&S91点]
【激安…】6000円台!■カラクリ無し…トーマス・ブラウン作、四大マウンテンA.V.A.一角からのナパ・カベが、正真正銘6000円台!【Wallis Family Cabernet Little Sister D.M.D. 2010】 《Yanagiyaより、本邦初公開。》 ◎信じられない価格です。 過去にも 『ジョーンズ・S.B.』(輸入元希望小売6,000円)、『アウトポスト・Zin.』(輸入元希望小売8,500円)など、トーマス・ブラウンの作品でも、一万円を切るお値打ちボトルというものは在りました。しかしそれらはあくまでも白や他品種。正真正銘のナパ・ヴァレー産カベルネで万円切り…どころか 6,000円台 とは前代未聞ではないでしょうか? 加えるなら今作はナパの中でも四大マウンテンA.V.A.の一つとして知られ、満点ワイナリー 『ロコヤ』、WS97点衝撃デビューの 『GTS』、最強パワー・カップルのRP99点到達P.B. 『レヴィ&マクレラン』 ら、超高額ウルトラ・プレミアムをあまた輩出する、ダイヤモンド・マウンテン産駒。誰が造ったどの生産者のものであろうと、当地区からのカベルネを安価に発見することは困難。それが(過去の在籍先などではなく)、トーマス・ブラウンが進行形でワインメーカーを務めている先でのこの価格。おまけにヴィンテージは当たり年の'10年…もうどこからどう見たって 激安 と言うほかありません。 ※現代のナパカベ・シーンを牽引する百点醸造家の四天王といえば… ■ボブ・レヴィ(Harlan Estate/Sloan/Bond/Levy&McClellan)、■アンディ・エリクソン(Screaming Eagle/Staglin Family/Dalla Valle/Arietta/Ovid/Dancing Hares/Favia)、■トーマス・リヴァー・ブラウン(Schrader/Tor/Rivers Marie/Revana/Jones Family/Maybach/Outpost/GTS/Wallis/Harris Estate/Casa Piena/Pulido Walker/Tamber Bay)、■フィリップ・メルカ(Dana/Hundred Acre/Bryant Family/Seavey/Lail/Vineyard 29/Parallel)。 [ 過去履歴含む ] この度ヤナギヤより本邦初公開を迎えた、そんな仰天プライスを誇るダイヤモンド・マウンテン・ディストリクト産ナパ・カベが 『ウォリス・ファミリー・エステート』。あのレイミー、そしてロコヤに果実を供給していた葡萄園が、2006年より自ら元詰めし始めた…という、まだ新しいグロウワーズ・プロジェクトです。 ところで、トーマス・ブラウンの作品には、偉大な醸造家からバトンを譲り受けたものが少なくありません。レヴァナやジョーンズは女神ハイジ・バレットから、ヘスタンやハリスはインシグニアのマーク・ヘロルドからでした。トーマス・ブラウンのウォリス・ファミリー参画は'08年ヴィンテージより。ではそれ以前の醸造家は?答えはフィル・シュテインシュライバー(Phil Steinschriber/右画像)。W&S誌版シュレイダーではないですが、同誌にて全米歴代ナパ・カベのトップを独占し、絶対的王者として君臨する 『ダイヤモンド・クリーク』、更には 『シャーウィン』 など、マウンテン・A.V.A.の真髄を極めた伝説の醸造家。もしフィル時代のヴィンテージだったとしても大変魅力的です。 ▼ウォリス・ファミリー(Wallis Family Estate) ウォリス・ファミリー・エステートの創設者であるエド(エドワード)・ウォリスがまず最初に惚れ込んだのは、畑でもワイナリーでもなく、1906年に建築された、冒頭の扉絵にもある古の石造りの城でした。これを1975年に購入したエドでしたが、周囲のワイナリーやブドウ栽培家たちが、ナパでも最高峰のカベルネ・フルーツを育てていることに興味を持ち、土地の購入から実に20年近くもあとになってようやく葡萄の栽培に着手します。これが1997年のことでした。 エドが植樹にあたり、コンサルティングを依頼したのは、クラーク・ヴィンヤード・マネージメント。ここは、『クラーク・クラウドン』 でも知られるクラーク・ファミリーのジョシュ・クラーク(勿論クラーク・クラウンドンの栽培家も彼)が設立した会社です。ウォリス・ファミリーの果実はものの数年で評判となり、2001年から2003年までは 『レイミー』 に、2004年から2005年までは 『ロコヤ』 に卸されていました。そして2006年、ダイヤモンド・クリークのフィル・シュテインシュライバーを招聘し、満を持しての元詰めを開始したのです。 年産は≪500ケース≫しか無く、輸入量も限られているため、残念ながらサンプル試飲には至っておりません。現地でこのカベルネを発掘してきた人物とは、業界でも最も有名な、日本人バイヤーの第一人者であるI氏(詳細)。氏に話を伺うことができましたが、「トーマスの作品群の中でも柔らかく、例えばアウトポストあたりとは対照的だった」とのこと。 因みに「日本で6,000円台ってことは、現地だともっと安いの?」と思われるかもしれません。一般的には日本で6,000円台だと現地$40ほどで、$50台でも後半までいけば「非常に良心的価格」と言われたりもします。では今作ウォリスはといえば…なんと $65。そう、直近の118円換算ですとワイナリ・プライスよりも安いのです。元々お値打ちなカベルネが、更に例外的な価格設定によりこのような激安プライスが実現した…というわけ。 元々はレイミーやロコヤが使用していたフルーツを、トーマス・ブラウンが仕立ててこの価格。しかも量産品などではない年産三桁の希少限定ボトル。このようなナパ・カベが彼のクライアントに存在していたなんて驚きですよね…。カベルネ97.5%にプティ・ヴェルド2.5%のブレンド。フレンチ・オークで24ヶ月熟成、新樽比率は80%。「トーマス・ブラウン作のナパ・カベ」と聞いただけでご予算的に諦めていた皆様にもおすすめいたしましょう。繰り返しになりますが、、、 ●本当に信じられない価格です。 【USR】【CAB】 ■ワインエンシュージアスト誌91ポイント ■ワイン&スピリッツ誌91ポイント ■サンセット・インターナショナル・ワイン・コンペ【Gold Medal】 ■ヒルトン・ヘッド・フード&ワイン・フェスティバル【Gold Medal】

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

7,538 円

≪三ツ星フレンチ・ランドリー採用にて名を挙げたブティック≫ ●

シフレット・エステートカベルネ・ソーヴィニヨンエステートナパ・ヴァレー[2009](正規品)Shifflett Estate

≪三ツ星フレンチ・ランドリー採用にて名を挙げたブティック≫ ●
【シンデレラ】ブティック■ミシュランガイド三ツ星、「全米で最も予約困難の店」と言われる「フレンチ・ランドリー」のテーブルワイン採用も【Shifflett Estate Shifflett Cuvee Napa Valley NV】 #あのフレンチ・ランドリーが自らの 顔 に選んだワイン# ◎美食家を唸らせるシンデレラ・ナパ。 Time誌により年度No.1シェフに選ばれ、米国史上初のミシュラン6ツ星シェフ(二店舗の三ツ星レストランを展開)なる快挙を果たした天才シェフ、トーマス・ケラー。彼が腕を奮う「全米でも最も予約の取れない」レストランが フレンチ・ランドリー…「予約の取り方」なるファン・サイトまで存在する、三ツ星の人気No.1キュイジーヌです。受賞したタイトルは数知れず、権威あるものだけを抜粋しても、 ■レストラン・マガジン2006-2005年 【Best in Americas】 ■同誌2004-2003年 【Best Restaurant in the World】 ■ザガットによるベイ・エリアの投票では六年連続【第一位】 ■ミシュラン2007年度サンフランシスコ&ベイエリア版唯一の【三ツ星】 など枚挙に暇がありません。比類なきこの食の聖地では、当然ながらワイン・リストにまで厳選に厳選を重ねたセレクトが行われ、そこにはフレンチからカリフォルニアまで「超一流」と謳われる、ハズすことを許されぬ銘柄ばかりがずらり顔を揃えます。一方で、常備の一本としてその店の真価が問われる 顔 ともいうべきボトルが「テーブル・ワイン」。フレンチ・ランドリーほどのレストランともなると、テーブル・ワインのセレクトにおいても選考の厳しさは半端ではないのでしょうが… → 選ばれた造り手がまさに此方、シフレット。 日本正規輸入は'03年から始まりましたが、その国内ファースト・リリースは、フレンチ・ランドリーの逸話もあり、ワイン・ショップ(一般小売)よりも日本各地のレストランら飲食業界からのすさまじい反響により輸入元も一瞬での完売。当店も全く手を付けられぬまま日本から消えてしまいました。長らく待たされ、「二度目の追加輸入分が入った時には必ず…」とのリザーヴを入れて、ようやくの入荷となりました(その追加輸入分も予約分で全量が完売しました)。 ▼シフレット(Shifflett Estate) オーナー、ジェフリー・シフレットの住まいは、ナパ・ヴァレーはオーク・ノールの小高い丘の上。ナパ・ヴァレーきっての資産家、そして弁護士の父を持つジェフリーは、その勧めで税理士の道を目指していましたが、座ってお金の計算をするよりも自分が育った大好きな大地と戯れている方が性に合う…と、1981年からウィークエンド・ファーマーとしてファミリーの所有地にブドウ樹を植え始め、25エーカーにシャルドネを育て始めました。すると当時ナパの実力者であったレイモンド・ファミリーの目に留まり、葡萄を売り始めます。1991年、父の死をきっかけに税理士の道を完全に捨て、常に夢見ていた「自分が育った土地を耕し、愛する土地に関ること」の実現のため、本格的にワイン業へと転身しました。 当初、害虫に悩まされて二万本の葡萄樹を駄目にしてしまうなどの苦労も重ねますが、ジェフリーは「ブドウの木は自然のままに苦しんだ方がすばらしい果実を生み出す」という彼の人生そのものを教訓とした理念でそれらを全て受け入れ、丹念な仕事を重ねることで葡萄の質を上げ続けました。当初はレイモンドだけであった出荷先にもダックホーンやエリーゼ等が加わり、それら納入先が自らのフルーツで造ったワインが高く評価されているのを知り、1998年よりシフレット・エステートを興して元詰めワイン造りを開始。その後僅か数年でミシュラン三ツ星レストラン「フレンチ・ランドリー」のハウス・ワインに採用され、一躍「シンレデラ・ナパ」として、美食家や飲食業界を中心に、その名は広く知られることとなりました。 当店でも日本正規初輸入の'03年、二年目の'04年が即完売し、その後'05年のセール・オファーを一度ご紹介致しましたが、今回はそれ以来となる四年ぶりの登場です。しばらく弊社入荷が途絶えていた間には、未輸入の期間や配布ワインの変更などもあり、この度のご案内は'09年産の単一カベルネ・ソーヴィニヨンです。 ◎レッド・ワインよりも希少な最高級品…「単一カベルネ」 シフレットでは現在四種のワインを手掛けています。フレンチ・ランドリーにも採用された 『エステート・レッド』。ひっそりと造られる白の 『ソーヴィニヨン・ブラン』。2014年より新発売となった異色のNVブレンド 『シフレット・キュヴェ』、そしてこちらの単一カベルネ・ソーヴィニヨンです。 中でも最も生産量が少なくかつ高級、シフレットの最上位に位置づけられるワインがこの単一カベルネ。メルロー、カベルネ、フラン、プティ・ヴェルドから成るエステート・レッドに対し、こちらは混ぜ物無しのピュアな100%カベルネ・ソーヴィニヨンです。生産量もエステート・レッドの1/10しか造られない年もあるほどの少量生産。日本には年間10ケースほどしか輸入されないため、配布は例年完全割り当てとなっています。100%自社畑産の100%カベルネ・ソーヴィニヨンを用い、コニャック産のフレンチ・オークで30ヶ月の樽熟成。 年産はなんと≪150ケース≫のみ。 【USR】【CAB】 ●日本に居ながらにして、全米で最も予約困難なレストランの雰囲気を愉しむ…とっておきのディナー、そのお供に…。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

20,304 円

≪ピゾーニから・・・シラー!?≫ ●[幻のRP95点]

アンティクイス(byミウラ)シラーピゾーニ・ヴィンヤードサンタルチアハイランズ[2006](正規品)Antiqv2s by Miura Pisoni

≪ピゾーニから・・・シラー!?≫ ●[幻のRP95点]
【ミウラ×ピゾーニ】■国内初のピゾーニ単一畑産「シラー」!ケミジ魅惑の新規【四連発】ブティック・プロジェクトの一端がこちら。【Antiqv2s Syrah Pisoni Santa Lucia Highlands 2006】 ピゾーニ産シラー日本正規輸入「第一号」 ◎8年熟成×単一ピゾーニ×正規蔵出し品×・・・シラー! ピゾーニ・ヴィンヤード内の僅か4エーカーほどの区画、『スーザン・ヒル』(左画像)なるブロックでシラー栽培の新規プロジェクトがひっそりと始動したのはもう10年以上も前。栽培は着々と進み、樹が十分に育ったと判断された近年、いよいよ果実の供給がスタート。ヴィンテージにして'04年頃を皮切りに、続々と各プロデューサーからピゾーニ単一畑シラーがリリースされ始めました。 そのいずれもが素晴らしいことから、早くも「ピゾーニはピノのみならず、サンタ・ルチア・ハイランズ内最高のシラー基地にもなりつつある」との評判を築き、お披露目から数年で驚くべき高品質ボトルを続々排出しています。 ◎ところが… ピゾーニ単一畑産シラーがリリースされ始めてからまもなく十年が経過しようとしていますが、いずれも少量であること、本国で高い人気を誇ることから日本への正規輸入が一向にスタートしません。第一号としてようやく海を渡って来た作品が今回こちらにご案内するボトルですが、その後、五年たっても近作が唯一の存在。その名を 『Antiqv2s』…(輸入元カナ表記は「アンティクィス」)と言います。 アンティクィスとは何者?と申しますと、その正体は90年代より20年近くもピゾーニからピノ・フルーツの供給を受け続ける数少ない造り手の一つ、『ミウラ』 のエマニュエル・ケミジによる新規シラー・プロジェクトなのです。 ケミジはミウラにおける成功を受け、1998年には姉妹ブランド 『Candela』 を、2000年には全米ホテルシェフ・オブ・ザ・イヤーを受賞したスルヴェイン・ポルティとのコラボで、ボルドーブレンドの 『Almvs』を、2003年にはサンフランシスコの有名なシーフードレストラン「アクア」のシェフであるローラン・マンリーケとのジョイント・ヴェンチャーによるシャルドネ 『Acvs』(お取り寄せ可能:税別\6,500-)を…と立て続けに個性的なブティック・ブランドを精力的に展開。2001年始動の 『Antiqv2s』 もその一環というわけです。 ▼ 珍事件:幻のパーカー95ポイント獲…得…? 2008年6月に発刊されたパーカー監修ワイン・アドヴォケイト誌#177では【RP95点】ものハイスコアを獲得…したのですが、アンティクィスでは二種のシラー(ピゾーニとゲイリーズ)しか造られておらず、同誌にて掲載された、畑名ナシのただのシラーというものは存在しません。実際ケミジもピゾーニとゲイリーズの二本をパーカーに送ったそうで、どちらかであることは確かなのですが、それが一体どちらに対して付与されたスコアなのかがわからない状況となっています…。確立1/2、まぼろしの【RP95点】です(^^; 大柄ダイナミックでフルボディーの豪腕強力シラーながら、継ぎ目を感じさせない口当たりと鋭角的な角の存在を感じさせないスタイルは、まさに濃いだけのシラーとは一線を画すもの。発売当時でも絶品でしたが、インポーター情報では2013年に試飲したところ、格段に旨くなっていたとのこと。そもそも 8年以上の熟成を経たピゾーニの正規品 など、日本にはほとんど存在しません(他には 『ニコルス』 くらい?)。これは果たしてピゾーニ産シラーの実力?ケミジのセンス?それともバイロン・コスゲの技?残念ながら日本には比較対象がありません…。 ●国内入手可能な、唯一の蔵出しピゾーニ単一畑シラーです。 【USR】【SYR】 ■24本完売!12本追加いたしました。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

11,340 円

≪ANA国際線ビジネスクラス機内採用('13)≫ ○[SFCワインコンペ2016:Best of Class]

ボーグルシャルドネカリフォルニア[2014](正規品)Bogle

≪ANA国際線ビジネスクラス機内採用('13)≫ ○[SFCワインコンペ2016:Best of Class]
【部門】最優秀作■機内ワイン採用、ヴァリュー・アワード連続受賞のボーグル白の切り込み隊長が、今年もまたまた快挙【Bogle Vineyards Chardonnay California 2014】 **Value系カリ・シャルのトップスター** ▼ 銀→金→ダブル・ゴールドの更に上…BoC受賞! 全米から7,164本ものUS産ワインのみが集う、米国最大の国内ワイン品評会、「San Francisco Chronicle Wine Competition」。その最新2016年度版の結果が、今月13日に発表されました。優れたワインには銅賞、銀賞、金賞、ダブル・ゴールドの各メダルが授与されましたが、ダブル・ゴールドの更に上…部門ごとに たった1本ずつ しか選ばれぬ最高栄誉【Best of Class】に、ボーグル・シャルドネの'14年が選出されました!(因みにピノ部門ではシミ'13年が選出) ◎意外にも…弊社「単品販売」初登場! 元々ボーグルのシャルドネは各方面で高い評価を受けており、嘗てはスペクテイター誌の【TOP 100 Value Wines】への選出や、W&S誌から【Good Value】を二年連続で受賞するなど、秀逸な安旨シャルドネとして知られていました。 前作'13年にしても、ANA機内ワイン採用(国際線ビジネスクラス/下記画像クリックでその他の機内採用ワイン一覧へ)、更にWE誌では【年間TOP100 Best Values】にて世界【第6位】への選出も果たしており、ここのところの更なる再評価には目覚しいものがありました。 そこへ来て今回さらに最新'14年でも冒頭の快挙達成とあって、これは試してみねば!と、早速1本取り寄せ、実店舗にてお客様方とともにブラインド・テイスティングしてみましたところ、これが確かに美味。従来は 『ボーグル6本セット』 でのみのご案内でしたが、少なくとも当ヴィンテージの終了までは、単品販売もスタートさせて頂こう…ということになりました。 【ANA機内採用ワイン】ANAでは機内・空港ラウンジのワイン・セレクションをおよそ半年かけて選抜します。夏に定められた選定方針を元に、一次選考にエントリーされたワインはおよそ2,400銘柄。そこから書類選考を通過した約300銘柄のワインを、最終選考会で2日間かけてブラインド・テイスティングし、10点満点方式にて採点。そこで高得点を獲得したワインが、3月から一年間、機内とラウンジで提供されます。審査員はシニア・ソムリエ、マスター・オブ・ワイン、シェフ、ANA社員らを含む約40名。ただし実際の機内の客層に近付けるため、有資格者ばかりではなく、ワイン・ビギナーや様々な年代・性別からテイスターを選んでいるそうです。 ボーグルのシャルドネは、州都サクラメントの南に位置する、クラークスバーグ(Clarksburg)で栽培されたものをメインに使用しています。クラークスバーグA.V.A.は昔からの産地でありながら、従来は大手ワイナリーへ果実を供給する専業グロウワーが多かったことから知名度こそ高くありません。しかし近年ではナパやセントラル・コーストの大手葡萄園にも劣らぬクオリティの果実が収穫できると脚光を浴びており、名門から新鋭ブティックまで、多くのワイナリーが進出を始めています。中でもボーグル(とマクマニス)はこの地の安旨の先駆者と言えましょう。 クラークスバーグで栽培されたシャルドネは、リンゴと洋梨の独特のアロマとフレーバーで知られます。ここへ更にモントレー産、ロダイ産のシャルドネを加え、また50%をステンレス・タンクで醗酵させることで、いきいきとしてよく熟した特徴を捉えながらさらに発展、強化させています。残りの50%は樽醗酵し、一部マロラクティック醗酵させてシュル・リーで熟成。 ◎試飲しました。【2016.1.28更新】 上述のように、クラークスバーグのシャルドネは、リッチで多彩な南国系果実味のシャルドネが基本ですが、この年のボーグルには、更に豊富な酸味とミネラルがしっかり備わっていて、リッチなだけではない、適度な清涼感や芯のある骨格の強さを感じさせます。それが過剰にならぬ適度な甘みの旨味を感じさせ、後味のキレも演出。 完熟の洋ナシ、蜜林檎の果実味を中心に、トーストやオークヴァニラの香味が溶け込み、クリームやブリオッシュ、マロン・クリームがノーズに抜けます。余韻にはそれらがしつこさを残さず消え、正規インポーターでは「クリーミーなフィニッシュ」と説明していましたが、我々はむしろ爽やかさをも感じました。ボリューム感の中に各要素(酸・ミネラル・洗練度・厚み・甘み・微かなホロ苦み・綺麗な余韻……など)のまとまりを見せる、実にバランス&センスの良い、万人受けのシャルドネです。 2014年度のワールド・ヴァリュー・ワイン・チャレンジで91点を獲得し、【Gold Medal】を獲得していたボーグルもこのシャルドネでした('13にて)。 ●これは確かに・・・・・美味。 【USW】【CHA】 ■204本完売!24本追加いたしました。 ■サン・フランシスコ・クロニクル・ワインコンペ【Best of Class】

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

2,138 円

≪正規品≫ □[1本あたり4,200円(税別)]

【送料無料】【箱買い】フローラ・スプリングスシャルドネナパ・ヴァレー[1ケース(12本)/現行年](正規品)Flora Springs

≪正規品≫ □[1本あたり4,200円(税別)]
■1ケース(12本)でのお届け価格です。 ■インポーター希望小売価格@4,500円(税別) 【USW】【CHA】 【インポーター商品情報】 葡萄はオークヴィル、カーネロス、セントヘレナ産。34%は仏オーク樽、33%はその他オーク樽で、33%はステンレスタンクで熟成。アロマは鮮やかで、まずハニー、そして洋ナシ、リンゴ、マンゴーがきりっとした酸味と新鮮な柑橘のニュアンスを伴って口中に流れ込む。ジェームズローブ著書、「カリフォルニアの素晴らしいシャルドネ」でシャルドネ生産者の草分けの一つに選ばれています。

rakuten

商品購入ページへ

送料無料 クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

54,432 円

≪特大1.5リッター瓶≫●

シャトーグラン・ピュイ・ラコスト[1978]《◎1500mlマグナム・ボトル》

≪特大1.5リッター瓶≫●
◎ こちらのワインはご注文を頂戴してからの受注発注品となります。そのため、輸入元欠品にてお届けできない場合も御座います。こちらでのご注文がお渡しを確約するものでは無いこと、ご了承下さいませ。欠品の際は、メールにてご連絡申し上げます(画像はサンプルとなります)。【OTR】【OBLD】▲百種以上からお選び頂けます。マグナムTOPページはこちら。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

64,584 円

□[1本あたり9,500円(税別)]

【送料無料】【箱買い】ゴースト・ブロックカベルネ・ソーヴィニヨンオークヴィル・エステートナパ・ヴァレー[1ケース(12本)/現行年](正規品)Ghost Block

□[1本あたり9,500円(税別)]
■1ケース(12本)でのお届け価格です。 ■インポーター希望小売価格@10,000円(税別) 【USR】【CAB】 【商品詳細】 こちらの単品販売のページをご覧下さい。

rakuten

商品購入ページへ

送料無料 クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

123,120 円

≪特大1.5リッター瓶≫○[RP95点]

シン・クア・ノンプロプライエタリーホワイトタランテッラカリフォルニア[1999]《◎1500mlマグナム・ボトル》

≪特大1.5リッター瓶≫○[RP95点]
【世界限定】105本■パーカー曰く、「SQNの最も素晴らしい白の1つ。」白三品種による個性派プロプライエタリー・ブレンド。【Sine Qua Non Tarantella California 1999】**■ 大台×辛口白×90年代 ■**◎その全てが一滴の宝石たるSQNですが、中でも特に希少性の高いアイテムが「高品質のドライ・ホワイト」。加えて90年代となると流通在庫は限りなくゼロに近くなります。それら全てを兼ね備えたボトルがこちらの 『タランテッラ』。SQNお得意のシャルドネ/ヴィオニエ/ルーサンヌのトリオによる白の独自ブレンドです。▲上記がSQNのRP95点組「ドライ」ホワイト(非甘口系)ドライ・タイプの白ワインにおけるSQNのRP95点組は2014.12現在で、『タランテッラ』/『ツイステッド&ベント』/『ザ・ペティション』/『ブー・ドゥー・マン』/『アルビーノ』/『ウィスパリンE』/『ザ・モーメント』 の上記7本のみ。品種構成は39%がルーサンヌ、33%がシャルドネ、28%がヴィオニエとなります。新樽比率37%。ロバート・パーカーも「クランクルの1999年タランテッラは彼がこれまで造った中でも最も素晴らしい白ワインのひとつである。内在する酸はずば抜けて見事で、グラスから轟く、柑橘、蜜のかかった芳香(花、マンゴー、タンジェリンなどのアロマが強く出ている)は恐るべきもの。フルボディーできらめく見事なバランス。」と絶賛。デザートを除く同年SQNの年間No.1としたボトルがこのタランテラでした。◎Wine Advocate #139(2002.2)より【RP95点】「Krankl's 1999 Tarantella is one of the finest white wines he has made. It possesses outstanding underlying acidity, a terrific, citrusy, honeyed perfume (flower, mango, and tangerine aromas dominate) that roars from the glass, full body, and brilliant balance. Given past examples of this blend of Roussanne, Viognier, and Chardonnay, the 1999 should age nicely for 7-8 years.」生産量は105「本」。ケースではありません…。世界限定105本オンリー!なお、蝋キャップの色は複数種ございます(選べません)。●日本マーケットには殆ど出回らぬリッター瓶。【USW】【BLW】■表示数限り(最終在庫)です。■パーカーポイント95点

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

107,784 円

≪正規品≫ □[1本あたり3,500円(税別)]

【送料無料】【箱買い】レイミーシャルドネルシアンリバーヴァレーハーフ[1ケース(12本)/現行年](正規品)Ramey Half

≪正規品≫ □[1本あたり3,500円(税別)]
■1ケース(12本)でのお届け価格です。 ■インポーター希望小売価格@3,700円(税別) 【USW】【CHA】 【インポーター商品情報】 寒流の影響を強く受ける冷涼なロシアンリヴァーヴァレー。35%のブドウはその中でも最良とされるダットン・ランチ、11%はロキオリ・ヴィンヤードより供給を受ける。レイミーの繊細なスタイルが気候風土と融合し素晴らしいシャルドネを生み出す。クオリティの高いヴィンヤードからブドウの供給を受ける。ピュアでエレガント、完成度の高いシャルドネ。

rakuten

商品購入ページへ

送料無料 クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

45,360 円

≪ロンバウアー6本で送料無料≫ ●[WS90点]

ロンバウアー(ランバウアー)カベルネ・ソーヴィニヨンナパ・ヴァレー[2013](正規品)Rombauer

≪ロンバウアー6本で送料無料≫ ●[WS90点]
■84本完売!24本追加いたしました。 ■ワインスペクテイター誌90ポイント ■カリフォルニア・グレープヴァイン91ポイント ■ジェームス・サックリング90ポイント 【USR】【CAB】 ◎会いたかったカベルネ。 思わず「おかえりなさい!」と笑みこぼれる花形ナパ・カベとの感慨深い再会。それにしても何年ぶりでしょう…最後のご案内が2011年でしたから、単純に販売それだけでも五年ぶり。ただし前回のご紹介は単発スポットでしたから、正規蔵出し品 となると、最低でも10年ぶりです。 嘗てのロンバウアー・カベルネはダイヤモンド・マウンテン産果実が中心でしたが、現在ではクオリティーの向上と安定を求め、『ケイマス』 のように、ナパを縦断するように各エリアのカベルネ・フルーツを巧みにブレンド使用しています。この'13年にしても、スタッグス・リープ・ディストリクト/マウント・ヴィーダー/セント・ヘレナ/カリストガ、ラザフォード/ハウエル・マウンテン/アトラス・ピークと各一等地から厳選。因みに畑はエステート・ヴィンヤードを中心に、トップ・グロウワーであれば買い付け葡萄も使用しています。 以前は山カベらしく、若いうちはとっつきづらい一面もありましたが、これにより現在では早くから飲め、且つより解り易い味わいになってくれています(その代わり、より高級ラインに単一畑やキュヴェを増やし、産地ごとの特徴はそちらで表現しています)。 カスタム・クラッシュで成功を収めたロンバウアーに、ひっ迫した自社ワインでの利益追求や「媚び」は必要ありません。のびのびと自らの求める姿を追い求めることができ、結果としてシルバー・オークやジョーダン同様、メディア評価を気にしない独自のエレガントなスタイルの表現を可能としています。 度数も14.1〜5%程度(例えばモンダヴィの中でも品があるとされる 『オークヴィル』 で15.5%)と、この価格帯のナパ・カベとしては控えめ。フード・フレンドリーなスタイルは米三大ワイン誌の一つ、W&S誌が年に一度発表するレストランワイン白書、【Restaurant Poll Award】でも如実に飲食業界からの支持率として表れており、第17回('06年度)〜第23回('12年度)まで実に 七年連続TOP10 入り。シルバーオークやジョーダン、ソノマ・カトラーらととももに、飲食業界で最も信頼され、愛されている造り手の一つとなっています。 '13年は到着直後のため未試飲ですが、玄人筋からの信頼高きカリフォルニア・グレープヴァインやジェームス・サックリングからのお墨付き。前者からは「ビッグでリッチな深み。なかなか消えない余韻」と後者からは「ベリー&ベリー系だがタンニンは締まり、フレッシュな余韻を持つ傑出'13年の手本のようなカベルネ」と賞賛されています。レビューを見ると、従来の美しい余韻を持ったまま以前よりコクが増しているようですね。下記はスペクテイター誌からのレビューです。 ◎Wine Spectator(2015.11.15)より【WS90点】 「An elegant, graceful style that's easy to enjoy, from the initial creamy oak aromas to the gradual firming midpalate, showing off a cedary oak grip to the tannins. Drink now through 2024.」 果実はエステートものも買い付け分も全てハンド・ソート&手摘み。カベルネ87.5%に7%のプティ・ヴェルド。フラン3.5%にメルロー2%。新樽比率70%のフレンチ・オークにて17ヶ月の樽熟成。1980年の設立以来、ロンバウアー・ファミリー自らの好みを追求し続けてきたカベルネは、今なお広く愛され続けています。以下は、参考までに最後にご案内させて頂いた'06年の弊社テイスティング・コメントです。 「円熟したカドのないフルーツの丸い輪郭。ほのかにアーシーな、純度を感じさせるフレーバーには、ザクロ、ブラックチェリー、チョコレート、ミントなど。酸、タンニンとも上質で、長く美しいフィニッシュを導きます。フランの比率が10%と非常に高く、この余韻の清々しさはここからも来ているのでしょう。確かにこれはメディア高得点ワイン「だけ」を選んでいると、決して出会うことのできない 常に手元に置きたい 秀逸カベルネです。」 ●ロンバウアーが有ると無いとでは、ナパ・カベ選びの選択の幅が全く違います。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

9,698 円

≪同銘柄歴代一位!≫ ●[RP97点]

カユースカベルネ・ソーヴィニヨンカマスペロワラワラヴァレー[2012](正規品)Cayuse Camaspelo

≪同銘柄歴代一位!≫ ●[RP97点]
【激レア】Special Bottles ■「RP100点作品よりも入手難」Cayuse裏メニューVol.3【Cayuse Cabernet Sauvignon Camaspelo Walla Walla 2012】 [幻のスペシャル・カユース] ◎限定版カユース降臨。[2016年ご案内分] 2016年現在、ワシントン州に存在する唯一の【RP/WEダブル100点】生産者、『カユース』。今回は中でもリミテッド・アイテムとして知られ、ワシントンで最もレアなワイン…とされる数々の 限定キュヴェ を複数入手して参りました。どれもこれもが幻の裏アイテムとなります。どうぞお見逃し無く。。。 ☆ Cayuse Special Bottlings カユースといえば、右画像の鮮やかなオレンジ・カラーのエチケットが代名詞。しかし彼らのラインナップには、このスタンダード・アイテムとは別に、シラー以外の品種をも多数含むスペシャル・キュヴェが複数存在します。 中でも最も良く知られるものといえば、米国最高峰のカルト・シラー 『バイオニック・フロッグ』(Bionic Frog)。これを筆頭に、グルナッシュの 『ゴッド・オンリー・ノウズ』、カベルネの 『ウィドウメーカー』(Widowmaker)、テンプラニーリョの 『インパルシーヴォ』(Impulsivo)、シュヴァル・ブランを模した 『フライング・ピッグ』(Flying Pig)、ボルドー・ブレンドの 『カマスペロ』(Camaspelo)、カベルネとシラーが手を組んだ 『ラヴァーズ』(Lovers)、ロゼ・ワインの 『イーディス』(Edith)などがあります。 種類こそ豊富ですが、しかしカユースが誇る人気、その礎となる品質、そして殆どが≪100ケース台≫という極小生産…それらが交わることで、このカユースのスペシャル・ボトリングたちは何れも最もレアなワシントン・ワインに挙げられ、「パーカー100点ワインより入手難」と揶揄されることも。古くは90年代から造られていながら、あらゆるワインが手に入る楽天内でも、過去履歴はおろか、登場経験すらないボトルが殆ど…という事実を見ても、それがセールス・トークなどではない事がお分かり頂けるかと思います。 日本正規インポーターが三番目に手にすることの出来た限定版がこのカベルネ・ベースの 『カマスペロ』 でした。当店としましても、カユース・スペシャル・ボトリングスのVol.3…としてご案内を開始させて頂きました。 ▼ カマスペロ (Camaspelo) カマスペロは、辛口タンザーが「確かなデリカシー備わるワイン」と賞賛し、アドヴォケイト誌では「パワーとエレガンスの共演」と評される、カベルネ・ソーヴィニヨン主体(例年7〜8割程度)の左岸系ボルドー・ブレンドです。初見の皆様も多いかと思いますが、実はこのカマスペロ、三度目の正規輸入。一度目はなんと'97年。これがファースト・ヴィンテージでした。以来、前作'11年に実に14年ぶりに出荷を許され、この'12年で三度目となります。 そしてこの'12年こそが、カマスペロの 同銘柄歴代最高傑作。 '12年の構成はカベルネ・ソーヴィニヨン84%にメルロー16%。果実は1998年植樹、シラーの単一畑としても知られる 『アン・スリーズ』 から。ヴィンテージによっては、クリストフ・バロンが最初に手に入れた畑、『カイユー・ヴィンヤード』 かのら果実も含まれるそうです。まるで一級シャトー並の長命長熟型ワインで、WA誌の飲み頃欄には、'05年でさえも「時期尚早」との表記がなされています。度数13.5%。 ◎Wine Advocate #219(2015.6)より【RP97点】 「A blend of 84% Cabernet Sauvignon and 16% Merlot, the 2012 Camaspelo is more refined and elegant than the Lovers release, showing a seamless, elegant profile to go with lots of dark fruits, savory herbs, graphite and hints of flowers. While the nose is terrific, the palate is where this really shines and it's full-bodied, concentrated and ultra-pure, with lots of fine tannin that keep the finish going. It should be at it's best from 2018-2032+.」(Jeb Dunnuck) カマスペロはスペシャル・ボトルの中でも比較的数が多く造られている側にあります。ただ、それですらも≪335ケース≫。十分にカルト・ワインの用件を満たすアイテムです。 ◎カユース幻のスペシャル・ボトリングス! 【USR】【CAB】【WAS】 ■現品表示数限り(最終在庫)です。 ■パーカー監修アドヴォケイト誌97ポイント(同銘柄歴代No.1)

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

21,384 円

≪アルゼンチン安旨ピノのツートップ≫ ●

クリオスピノ・ノワールメンドーサ[2012](正規品)Crios by Dominio Del Plata

≪アルゼンチン安旨ピノのツートップ≫ ●
■スクリューキャップです。コルクはついておりません。 【OTR】【OPIN】 ◎5年で三度の【TOP100 Value】。アルゼンチンの安旨Kingからピノ! 正直なところ、「アルゼンチンのピノの個性って何?」と問われると、私共としましても即答や断言するには難しい部分があります。そもそも日本に輸入されている絶対量が少ないアルゼンチン産ピノ・ノワールは、私共ヤナギヤとしても、この20年間で試飲の履歴も二桁ありません。そのような多くない経験から敢えて言わせて頂ければ、やはり冷涼地からのピノ…といったイメージがあります。少なくとも、同価格帯の平均的なチリ・ピノのように、濃さや樽、あるいは強さを愉しむものではな無いかと思います。 むしろミネラルある硬質感、高地における清涼感といった美点を有し、それでいて厚みもしっかり…そんなキャラと言えるのではないでしょうか。 ■世界を巡るカジュアル・ピノの旅…アルゼンチン編 「手頃で美味い」が難しい高貴な葡萄品種ですが、1,000円台までで厳選しました!【世界の安旨ピノ特集】はこちら。 この度のご案内は、『クリオス』。当店でもアルゼンチンとしてはかなり早い時期からおすすめを重ねてきた人気ブランドで、W&S誌からも五年で3回もの【世界Top100 Value Brands of the Year】に選出される、アルゼンチンのヴァリュー・スターです。ちょっと目を離していたらいつの間にかピノ・ノワールの生産と輸入も始まっていてびっくりしました。飲めばこれがナカナカ…。この価格のアルゼンチン・ピノとしては、『アラモス』 とこのクリオスで ツートップ としてしまって良いのではないでしょうか。それくらい良く出来たピノでした。 ▼クリオス(Crios) 「子供たち」を意味する 『クリオス』 を手がけるは、アルゼンチンに1999年に設立された、『ドミニオ・デル・プラタ』 という造り手です。クリオスをはじめとして四つの銘柄を手がけていますが、大手資本による工業生産的ワインというわけではなく、運営者はある一組の夫婦。奥様はメンドーサの大学をトップの成績で卒業し、アルゼンチン初の、そして最高の女性醸造家 とも言われるスサーナ・バルボ(Susana Balbo)女史。彼女は欧州ワイナリのコンサルタントを、アルゼンチン人醸造家として初めて務めた人物としても知られ、2006年にはアルゼンチンワイン協会の会長にも就任したこの国のヒロインです。一方旦那様も数多の実績を誇る、アルゼンチン有数の栽培家として名高いペドロ・マルチェヴスキー。そんなスーパー夫婦(右下画像)により運営されています。二人は共にその高いスキルが認められ、アルゼンチン初のパーカー【★★★★★】生産者として知られる 『カテナ』 に務めており、そこで運命の出会いを果たして共に独立しました。 設立当初は醸造設備も他からレンタルするほどの小さな規模でのスタートでしたが、今では自社畑とワイナリーを完備し、ブランドは4つにまで増え、そしてそのいずれもが世界的に成功を収めています。中でも 『クリオス』 はパーカー監修アドヴォケイト誌でも「全てのワインが傑出」と高く評価されており、一躍このカテゴリーの筆頭銘柄に成り上がりました。日本国内でもワイン王国で最高評価【★★★★★】に選ばれるなど、徐々に知名度を上げつつあります。しかし規模が大きくなっても初心を忘れることなく造られるクリオスのワイン。ラベルに刻まれた3つの手は、スサーナとその2人の子供を現しており「子供に愛情を注ぐが如く、丁寧な造りを目指している…」という理念の証になっているのだそうです。 無国籍的ピノというか、ブラインドで飲むと、なかなかどこの国のピノだか判らない不思議なキャラクターがあります。ピュアな旨味や酸の美しさあたりにはブルゴーニュに通づるところもあり、NZのような果実の愛らしさがあるかと思えば、チリあたりの雑味の旨味、そしてカリ・ピノの厚みや飲み応えも持っていて、そして各国の「良い」ピノに共通した、クドい甘さの無いアフターのエレガンスなども。 ですのでアルゼンチン・ピノの特徴を掴む…という目的には向いていないかもしれませんが、アルゼンチンでこんなに良質なデイリー・ピノが造れるのか…という「経験の引き出し」を増やすため、或いは単純に安くて旨いピノが飲みたいというのであれば最適の1本です。若さをあまり感じさせない熟成感があってヴィンテージ当ても難しく、またどこか漂う高級感のため、価格も判りづらい…なんともブラインド泣かせのユニークなピノです。 ●オモシロ旨い!おいしくて、しかも話の種になるピノです。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

2,030 円

≪ミステリアス・ピゾーニ≫●

ミウラピノ・ノワールピゾーニサンタルチアハイランズ[2012](正規品)Miura Pisoni

≪ミステリアス・ピゾーニ≫●
【ミウラ×ピゾーニ】■前作は史上最高傑作【RP94点】(歴代一位)獲得。公開情報の少ない、最もミステリアスなピゾーニ・ピノ。【Miura Pinot Noir Pisoni Santa Lucia Highlands 2012】≪ 漆黒ピゾーニ ≫(お陰様で楽天ランキング三冠達成…有難う御座いましたm(_ _)m)◎'08年は過去最高傑作となりました。サンタ・ルシア・ハイランズの'08年が空前の傑出ヴィンテージとなったことは記憶に新しいところ。本家ピゾーニ・ピゾーニの【RP98点】を筆頭に、数多くの話題作が誕生しました。本家を除き、日本で飲める'08年産シングル・ピゾーニにはパッツ&ホール(RP91点)、タンタラ(RP92点)、シドゥーリ(RP92-94点)らがありますが、それらを抑え、国内正規輸入のあるシングル・ピゾーニとしては同年No.1に輝いたボトルこそがミウラ(RP94点+)でした。年々、その評価は高まるばかり…(最新'12年は未評価)。※既にアドヴォケイト誌の加州担当はA・ガローニに変更となっていますが、ミウラ・ピゾーニ'08年のレイティング発表時はまだロバート・パーカーが現役。当スコアはパーカー自らのポイントとなります。「There seems to be a good percentage of stems in this wine, which comes from Pisoni’s 65-acre grand cru vineyard. Like most of the wines from that vineyard, it has beautifully pure black raspberry and floral-infused black currant fruit with some sweet cherries, underbrush, and forest floor. With distinctive richness, full-bodied power, and an underlying earthiness (no doubt contributed by both the vineyard and the use of stems), this deep ruby/purple-colored wine actually needs about a year or two of bottle age, but it should drink well for up to a decade.」(WA#190より:2010.8.)■未だミウラは自社サイトを持ちません。ゲイリーズやピゾーニの公式ページには各取引先へのリンクが張られていますが、そこからジャンプできないのはこのミウラが唯一。ミウラのアイコンをクリックするとメーラーが起動します(^^;<近年ようやく公式サイトが完成>。ただしメールを送ったからといって返事が来るかは疑問です。ワイナリー紹介ページにも書きましたが、嘗てミウラは2000年ヴィンテージを最後に忽然と日本市場から姿を消しました。2006年ヴィンテージより新規エージェントのもとで約5年ぶりの輸入再開となりましたが、輸入が途絶えた当時、旧インポーターのC社担当さんからはよくこんなボヤきを聞かされたものです…「メールを送っても梨のつぶてで一切音信不通なんですよ(涙」と。結局C社が解散するまで返信がやって来る事は無く、なし崩し的に輸入が停止してしまいました。そんなエマニュアル・ケミジからは新規エージェントにもろくなデータ・シートが送られてこないため、ミウラのワインは多くの部分がミステリアス。今作にしても最も謎に包まれたピゾーニと言えるのかもしれません。樽、酵母、収量など、テクニカル的な公開情報は極めて少なく、上記の理由で公式サイトからの入手も不可能です。ただし、かつて来日した際の印象もそうでしたが、氏が横柄とか厚顔とかいうのではなく、あくまでナチュラルでありマイペースなんですよね。それがそのままワインにも現れていて、ミウラのピノは画一的にそのスタイルを語る事ができない自然任せのワインとでも言いますか。その年、出来上がったものがミウラのワインであり、ミウラのワインという何か既存の姿を求めてワイン造りを行っていないようにも感じます。だからこそ彼自身にも、飲んでナンボであり、数値や文字情報が何だというのだ…的な気概があるのかもしれません。そうは言っても対価に見合う品かを判断せねばなりませんが、品質が低ければ契約を打ち切られてしまうピゾーニとの取引を 90年代から 継続している数少ない造り手…というだけでも一つの根拠と言えるでしょう。また参考までにパーカー氏の評価にしても上記のとおり。アベレージ・クオリティーの高さはピカいち。ピゾーニ単一畑としての安定感は相当なものです。レヴューに目を通せば典型的な濃厚ピゾーニと言えそうですが、ケミジ氏が見たら怒るのでしょうか…「勝手に型にはめるな」と。●ピゾーニ・ピノは高額です…全てを網羅する必要はありません。良いとこ取りで十分。そのために必須のピゾーニが、ミウラからのそれ。【USR】【PIN】■120本完売!12本追加いたしました。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

13,500 円

≪スペクテイター年間TOP100常連≫●

A to Z(エイ・トゥー・ゼット)ピノ・ノワールオレゴン[2013](正規品)A to Z Wine Works

≪スペクテイター年間TOP100常連≫●
■396本完売!24本追加いたしました。■オレゴン・ワイン・アワード【Dobule Gold】■スクリューキャップです。コルクはついておりません。【USR】【PIN】【ORG】◎'11年にはスペクテイター年間TOP100にも選出。嘗て「オレゴン・ピノは高品質だけど高級」が当たり前だった時代に、低価格化という新たな風を吹かせた造り手がいくつかあります。日本に輸入されたブランドで言えば、『ウィラメット・ヴァレー・ヴィンヤーズ』(WVV)、『ファイヤースティード』、そしてこの 『A to Z』 が元祖三銃士と言えるでしょう。これらピノの躍進を一つの契機として、高品質ヴァリュー・オレゴンの裾野は広がりました。ワインとして上質なだけでなく、オレ・ピノ界において重要な役割を果たした貢献度高き作品群だと思います。中でも日米双方で最も成功を収めたピノが此処でしょう。「デヴューの'01年産ピノ数千ケースが、なんとリリースからわずか2ヶ月で瞬時完売してしまった…」という逸話は今なお語り継がれており、現在到るまで新たな造り手から幾つもの「お値打ちオレゴン・ピノ」が生まれては消えて行きましたが、A to Zに肩を並べるほどのものは見当らないように思います。そんな'01年の鮮烈デヴューの後にも、全米飲食業界が選ぶレストランポール・アワードでは五年連続で【Most Popular Pinot】に選出。'06ではW&S誌により「安旨世界100傑」(100 top values of the year)に選ばれ、'08年には【WS90点】とともに2010年度の年間TOP100(#75)入り。遂にはオレゴンのみならず、カリフォルニアを含めたUS産ピノ全体としても最も値打ちある作品として、【Best American Pinot Noir】(Under$20)をフード&ワイン誌より二度授与されるまでになっています。これほどのピノが2,000円台…少なくとも、カリ・ピノには見当りません。◎そして前作'11年にて再び…そして前回ご案内の'11年にて、同銘柄歴代最高の【WS90点】を獲得し、2013年度版にて自身二度目の【年間TOP100入り】(#55)を果たしました。2013年度のTOP100にて、「日本で2,000円台で飲めるピノ」など、世界の作品を含めてもこのA to Zと 『アストロラーベ』 くらいなもの。因みに価格の点でもう一つ申し上げれば、一時ピノ・ブームの際にA to Zも大幅値上げが起き、3,000円以下では販売できない時代もありましたが、'07年より輸入元定価の改定(値下げ)が実施され、'02年当時の価格に回帰。再び2,000円台にてお届けできるようになっております。◎A to Zのピノ。安定感抜群のロングセラー・ピノ…という点では他の追随を許さないA to Z。この安さと品質の秘密は…月並みですが、やはり並々ならぬ拘りと努力によるもの。広い人脈を生かし、オレゴン州一帯に広がる契約畑は約60箇所にもなります。それらを一つ一つ調査し、選抜された果実のみを使用。出来がよく、かつ価格が抑えられたフルーツを厳しく選び抜き、巧みなブレンドで高品質&ヴァリュー・プライスを実現させています。それも長年に渡って。例えば前作'11年にしても、オレゴンでは記録的な冷涼年となり、多くの造り手が苦戦を強いられました。こうした難しいヴィンテージにきちんと秀作を仕上げてくる造り手こそが実力者だ…と言うのならば、まさしくA to Zはそれに当てはまります。オレゴン・ワイン・アワードでは【Gold Medal】を受賞。前作'12年では更に【Double Gold】と、TOP100入りの'11年をも上回る仕上がりでした。綺麗な酸がキリリと効き、ラズベリー、チェリーなど、純粋に表現された赤系フルーツをキャンディッシュにさせることなく、デリケートな味わいに保っています。仄かなスパイシーさとココア・パウダーのようなアクセントも。生き生きして爽やかな酸に縁取られた、鮮やかな果実味をお楽しみ下さい。●オレゴンを語る上で外せない安旨ピノ・ノワールです。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

3,542 円

≪正規品≫ ■【送料無料】

ペッパーウッド・グローヴ5種バラエタル・パック(カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー/オールド・ヴァイン・ジンファンデル/シャルドネ/ソーヴィニヨン・ブラン)5本セット(正規品)Pepperwood Grove

≪正規品≫ ■【送料無料】
■送料無料[ クール便ご利用時のルールはこちら ] 【USR】【USW】 ▼セット内容 【赤】カベルネ・ソーヴィニヨン 【赤】メルロー 【赤】オールド・ヴァイン・ジンファンデル 【白】シャルドネ 【白】ソーヴィニヨン・ブラン ※ 以上各1本ずつの5本セットです。 ※ あと7本まで同梱可能で送料無料となります。 ※ ヴィンテージは輸入元現行年号となります。 ※ 容量はすべて750mlです。 ※ 予告なくラベルやボトル形状が変わる場合がございます。 【他にもあります!】他ワイナリの飲み比べセットを見る。

rakuten

商品購入ページへ

送料無料 クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

7,538 円

■[Newモデル/電話サポート有りの正規品]

IDEX(アイデックス)社スタイリッシュ・ワインセラー【カヴリナCaverina】18本入り

■[Newモデル/電話サポート有りの正規品]
【販売実績】のべ330名のお客様にセラーをお届けいたしました。 【納期情報】即納可能です(1〜3営業日)。 【※重要※】メーカーからの直送のため、ワインと同梱はできません。 【※重要※】メーカーからの直送のため、代引きを選択されました場合は、納品書を当店より代引きにて送付、その後、本体をお送りいたします。 【スペック】 ■外形寸法:幅355mm x奥行500mm x高さ645mm ■有効内寸:幅265mm x奥行310mm x高さ520mm ■有効内容量:48リットル ■製品質量:約18kg ■収納本数:18本(750mlボルドータイプ) ■最大消費電力:110W ■電源電圧:AC100V(50/60Hz) ■温度調節範囲:10℃〜18℃(周囲環境30℃) ■冷却方式:ペルチェ冷却(2ユニット) ■設置条件:背面、側面より10cm以上必要 【諸注意】 ※表示された正しい電源・電圧でご使用下さい。 ※収納可能本数は、あくまでボルドータイプの場合の目安となります。 ※高級ワインの熟成を目的とした長期保存には向いておりません。 ※製品の上部には物を置かないで下さい。 ※廃棄する場合には、家電リサイクル法に基づく料金が必要となります。 ※配送は玄関先までとなり、設置はお客様側にて行って頂きます。【ワインセーラ・カヴリナ:2010年新モデルDebut!】≪Caverina≫ ■ ワインは「温まりすぎ」と「冷えすぎ」、そして極端でなくとも「温度の変化」にとても弱い飲み物です。 冷蔵庫や常温室内に置いておくと、品質は劣化するばかり…。 最適な温度が、しかも一定に保たれている場所での保管が理想的です。 でも残念ながら、そのような空間は日本の一般的な家屋で暮らす限りはほとんど存在しません。 …そこで、セラーの出番なのです(^^ ■新型モデル誕生! 2007年の販売開始以来、大好評頂いておりましたホーム・ワインセラー 『カヴリナ』 が、2010年夏…新しくなって帰って来ました!新型モデルのご紹介です♪ 「セラーなんてウチには無理」とお考えですか?確かに一昔前はとても高価で大型でしたが、それはもう過去の話。今やこんなにもお買い得&省スペースになりました。ちょっと良いワイン1本ぶん程度のお値段で手に入ってしまい、そしてとってもコンパクトなのです。セラーを惜しんで大切なワインを駄目にしてしまってはかえって損。セラーは長くご利用頂けますので、使用年数を考えてみると、実質コストって意外に割安なんです。思い切って手に入れてみてください。「なんだ、こんなに便利ならもっと早く手に入れておけばよかった…」きっとそう思って頂けるはず。 ■国内メーカー品がこの価格!IDEX(アイデックス)社はこれまで「デシケーター」という、セラーと同じくらい温度や湿度の管理が重要な保管機器を製作していた日本のメーカーです。この技術を活かして2007年にワインセラーの販売を開始すると、その手頃な価格から人気となり、テレビショッピングや雑誌「ワイン王国」などにも登場しました。これまで安いセラーといえば、「アジアメーカーの輸入品」が多くを占めていました。しかしここに「低価格の国内メーカー品」という待望のセラーがデビューしたのです。国内メーカーですのでなによりサポート体制が万全です。何かあったときの安心感が違います。 ■低価格&コンパクトでも、しっかり本格派。 【縦置き収納可能】 →これまでのコンパクト・セラーにとって、最大の弱点が「背の高いボトル、太いボトルが入らない」という事でした。しかしカヴリナでは棚の取り外しを可能とすることで、ボトルを「立てて」保管できるようになり、この問題を一挙解消しました。 【デュアル・ペルチェ冷却方式】 →ペルチェ方式とは、電流を流すことで冷却と加熱ができる半導体素子を用いて冷却する方法です。冷蔵庫のようにコンプレッサーを動力としたものではないため、震動や騒音が少なく、病院やホテルの器具にも最適な冷却方法と言われているほど静かです。フロンガスを使用しませんので環境にも優しい方式です。カヴリナは冷却能力を高めるために、ペルチェ・ユニットを「2基」搭載しています。これがデュアル・ペルチェ方式です。 【UVカット・ペアガラス】 →正面扉のガラスは酸化を促す紫外線を遮断するUVカットガラスを使用。しかも嬉しい二重構造の「ペアガラス」。1枚ガラスよりもはるかに優れ、紫外線を「97%以上」シャットアウトします。 【LED照明】 →10℃〜18℃まで「1℃単位」で調節できる、カンタン操作のタッチパネル。庫内温度表示にはブルーLEDのデジタル表示を採用。さらに庫内もホワイトLED照明にてやさしい光で照らされます。LED照明は見やすくてしかも高級感溢れる仕様です。 【湿度コントロール】 室内の水分をセラー内部に取り入れ、あえて結露させることで湿度を保持。この「湿度還元方式」により、年平均で50%〜70%を保ちます。それでも乾燥ぎみの場合は、小皿に水を張ってセラー内部に入れて頂くことで簡単に湿度を保つことができます。 ■ もうワインセラーは「手の届かない」&「大げさな」ものではありません。 一度手にしてしまえば、あとは労せずして最適温度のワインがいつもお手元に… どんな部屋にもさりげなく溶け込む、シンプルでありながらスタイリッシュなフォルム。 たった一度しかない貴方のワインライフ。カヴリナが快適度アップのお手伝いを致します。

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

42,984 円

◆

ベリンジャーホワイト・ジンファンデルカリフォルニア[2014](正規品)Beringer White Zinfandel


■912本完売!24本追加いたしました。 【USD】【ZIN】 ◎消費量全米NO.1に選ばれたお手頃ロゼ なんとも美しい幻想的なカラー。透明感と輝きのあるオレンジがかったピンク色と、甘味に包まれた心地よい酸味を持つホワイト・ジンファンデル。とてもかわいいきれいな酸味が甘酸っぱいわずかにあるタンニンと絡まってムードづくりにもうってつけのワイン。カリフォルニアやニューヨークでは庭先やテラスでこのワインをガンガンやっているシーンが圧倒的に多く見られます。何しろワンシーズンで30万箱をも一挙に流通させ、販売本数年間NO.1(ロゼ部門)にも選ばれた作品なのですから。 ※ '12年よりラベル・デザインが新しくなりました。 ←上段が只今お届け中の新ヴァージョン、下段が旧デザインです。 この軽快なロゼタイプの逸品が千円台前半で手に入るなんて…ディスカウントストアやコンビニでよくわからないワインを買うくらいなら、こちらを是非オススメします。よーく冷やしてどうぞ。氷をいれたグラスに注いでワイワイとやるのにもぴったりです(^^

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

1,177 円

≪アドヴォケイト最新号にてパーカー絶賛!≫ ●[RP90点]

セバスチャーニカベルネ・ソーヴィニヨンソノマカウンティ[2013](正規品)Sebastiani

≪アドヴォケイト最新号にてパーカー絶賛!≫ ●[RP90点]
↓これが…セバスチャーニ? ▲いま、セバスチャーニのカベルネがこんなところまで来ていることをご存知でしょうか…?RP98点とはソノマ・カベルネ史上の五指に入るもの… カベルネ・ベースのレッド・ブレンドには 『ピーター・マイケル』 や 『ヴェリテ』 などの絶対的存在がありますが、少なくともアドヴォケイト誌上にて「単一カベルネ」に分類されるものとしては、『ヒドゥン・リッジ』(RP100)、『アナコタ』(RP99)、『フィッシャー』(RP99)に次ぐソノマ史上 歴代四位 となります。 セバスチャーニといえば、古くから続くソノマの ヴァリュー・ブランドの 教科書のような造り手…とのイメージしか無い方にとっては、驚きの現状かもしれません。しかしセバスチャーニは2008年にビル・フォーリーの「ザ・フォーリー・フード&ワイン・ソサイエティ」に買収されてから、スタンダード版の品質はそのままに更なる上位キュヴェにも力を入れはじめ、'10年には自身初の【RP95点】にも到達していました。 そしてカリフォルニアの歴史的傑出ヴィンテージ'13年、それら上位版を含むセバスチャーニのカベルネが一挙大爆発。大当たりのビッグ・ウェーヴが到来しました(冒頭画像では無印カベルネが二種見えますが、上段の92点獲得品は日本未輸入のアレキサンダー版)。もちろんこの品質向上は、従来からご案内しておりますレギュラー版でも言えること。 セバスチャーニのソノマ・カベルネは、精巧なメイキングがスペックにも味わいにも現れています。ブレンディングを見てもそれは明らかで、この'13年でカベルネ76.5%、メルロー7.6%、マルベック6.6%、ルビー・カベルネ6.5%、プティ・ヴェルド1%、その他のミックス品種が1.8%と、0.1%刻みの緻密なレシピが存在します。 カベルネの出所はソノマのボルドー系品種優良産地として知られるソノマ・ヴァレー、アレキサンダー・ヴァレー、チョーク・ヒルなど。各地の長所抱える葡萄を巧に操り、その他の葡萄はロダイやカーネロスなどから…とサブ品種においても厳選を重ねています。 ※ '11年よりラベル・デザインが新しくなりました。 ←上段が只今お届け中の新版、中・下段が旧デザインです。 セバスチャーニ・カベルネの特徴は、華やかさを振りまく上等な甘味の旨味とたっぷりしたアルコールの量感。同価格帯のソノマ産といえば 『シミ・カベルネ』 がありますが、もっと華やかに、より厚くした印象です。より上品なスタイルならばシミ(ただし良年に限る)、がっつりの飲み応えならセバスチャーニでしょう。シミには無いセクシーさを放っています。 ◎ヴィンテージが2013年になりました。【2016.3.9更新】 この価格帯のソノマ産カベルネとしては実に華やか。ひっかかりの無きジューシーかつクリーミーな舌触りが心地よく、しかしそれでいてナパとは異なる、しっとりして深く品ある漂いも備え、そもそも香りから魅了されます。 美しく肉付きのいい、かつ貴賓に満ちた王女のような温かみがあり、ブラック・チェリーやブラック・ベリーやモッシー(mossy)なシダーウッド、トースティーできれいなオーク・ヴァニラにセミ・チョコ、さらにミントやリコリスやスパイスが溶け込み、柔らかく豊かな酸味と上質でまろ味のあるタンニンが付随しています。 先月セールを行った 『ディレクターズ・カット』 と比べると、セバスチャーニのほうが果肉感や果実甘味をより感じ、千円の価格差はありますが、飲み応えはむしろこちらが上。ディレクターズ・カットのほうがボルドー的で、繊細さ、緻密さならあちら。 ただしゴール…着地点は両者ともあまり変わらず、飲み終わりの印象にそこまでの差はありません。セバスチャーニのほうがアタックから道中までたっぷりとした果実甘味の旨味があるのですが、どちらも余韻に清涼感を残す欧風の幕引きがあり、ここらへんはやはりナパ・カベとの違いを打ち出した、ソノマらしさを感じます。一貫したエレガンスと上質さならディレクターズ・カット。対して、風味たっぷりの入り口と爽やかなフィニッシュのコントラストが楽しいカベルネがセバスチャーニと言えます。 ◎Wine Advocate #223(2016.3)より【RP90点】 「An amazing value, the 2013 Cabernet Sauvignon Sonoma exhibits beautiful winemaking as well. Offering blackcurrant fruit, some cedar wood, spice box, supple tannins, medium to full body and a dense ruby/purple color, this is another beautiful Cabernet Sauvignon, not quite as compelling as the Old Vine or Gravel Bed, but a full-bodied, mouth-filling, terrific example of Cabernet Sauvignon from Sonoma. Drink it over the next 15 or more years.」 パーカーが言う「アメージング・ヴァリュー」に大いに同意いたしましょう!'98、'00で【WE90点】、'02で【WS90点】(2005年度年間TOP100#77)と、予てから高く安定した評価を誇るセバスチャーニのソノマ・カベルネですが、流石は傑出'13年。今年はとびきりです。 上述のように、2016年3月に発刊されたWA誌#223では、上位キュヴェが【RP98点+】を含む高得点を連発し、「価格のリミッターさえ外せば、品質においても最高峰に到達できる」ことを証明したセバスチャーニのカベルネ。それらの日本上陸を楽しみに待ちながら、まずはこのスタンダード版カベルネをお楽しみ下さいませ。 ●いま、ナパ・カベの値上がりで、現地でもますますソノマ・カベルネに注目が集まっています。当価格帯のベスト・ソノマとしておすめ♪ 【USR】【CAB】 ■492本完売!24本追加いたしました。 ■パーカーポイント90点

rakuten

商品購入ページへ

クレジットカード可能 税込価格

rakutenカリフォルニアワインのYANAGIYA

3,758 円

カリフォルニアワインのYANAGIYA | ストア商品一覧【ジントラ商品比較】